靴とインソールと足の相性&マスク着用のお知らせ

皆さん、こんにちは。

晩冬らしい気候となっています京都です。

昨日は臨時休業となり、申し訳ございませんでした。子が怠そうで、新型コロナウイルスが流行っている時期が時期だけに一日様子を見させてもらいました。結果、発熱せずに快方しました。ご迷惑をおかけいたしました。

あわせて、新型コロナウイルス予防として営業中にスタッフがマスクを着用しております。なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

先日足の計測をさせていただいたお客様がインソールをお買い上げにお越しくださいました。ありがとうございます^^

初めてご来店くださった時に履いておられた靴が普段履かない靴だったので、改めてよく履く靴を履いてお越しくださったようです。

インソールはどんなに性能が良くてもそれ単体だけでは歩くことが出来ません。インソールを靴に入れなければ歩けないのです。

つまり、靴とインソールと足の三者の相性が大切ということです。そのためインソールを購入・試着される際はよく履く靴を持参されるか履いていくのがオススメです!

よくある事例が「靴にインソールは入ったけれど、足を入れると窮屈に感じる」ということです。

靴にもともと備え付けてあるインソールが取り外し出来ない場合、既成インソールを重ねることになります。既成インソールの厚み分、靴の中は狭くなりますから足入れすると窮屈になることは明白です。

「インソールが取り外せる靴に変更する」「薄い既成インソールに変更する」かになります。

 お客様の場合、お持ちのスニーカー数足にインソールを入れ替えたいということで「薄い既成インソール」をお買い上げくださいました。

インソールの性能だけでなく、靴との相性も考えてインソールをお求めくださいませ。

今週も皆さんのお越しをお待ちしております!

アーチサポートインソールにもいろんな種類があります
アーチサポートインソールにもいろんな種類があります
インソールの厚みが違えば、入れられる靴も違います
インソールの厚みが違えば、入れられる靴も違います