インソール2種類お買い上げのお客様

皆さん、こんにちは。

先ほど時雨ていましたが、今は晴れ間が見えています京都です。

昨日お越しのお客様にインソールをお買い上げいただきました。ありがとうございます!

お客様は長い時間歩くと足裏が痛くなるそうで、病院でレントゲンを撮っても特に問題なく、どうしたらいいのか悩まれていたそうです。以前から当店をご存知で昨日初めてお越しくださいました。

お話しをお伺いし、足の計測をしていく内に、アーチサポートのインソールがお客様に合っているかもしれないと思い当たりました。

アーチサポートのインソールとは、足裏を支えるために凹凸のあるインソールのことです。

試着していただくと、すぐに痛みがなくなった訳ではありませんが「歩く姿勢がよくなってる」「腰が立っている感じがする」と驚かれていました。

ただ、お履きになっていた靴が柔らかい素材のスリッポン(留め具がない靴)でしたので、インソールを入れるには「ひも靴」が最も望ましいことをお伝えしました。

インソールを履くにあたって大事なこと、それは「靴」-「インソール」-「足」の三者をガッチリと固定することです。靴の中でインソールがズレてはいけませんし、インソールの上で足がズレるのも良くありません。

そのため、インソールを入れる靴は留め具(靴ひもやマジックテープ)がある靴が望ましいのです。

試しにお客様がスリッポンとひも靴とで履き比べされると、固定する大切さを身をもって実感されたそうで、それぞれの靴に合うインソールを2種類お買い上げいただきました^^

「もっと早く来店しておけばよかった」とはよくお客様に言って頂くセリフです。嬉しいお言葉でもあり、もっと気軽に来られるようなお店づくりをしなければなと考えさせられるお言葉でもあります。

今週も皆さんのお越しをお待ちしております!

アーチサポートインソールの一例<オーダーメイドインソール>
アーチサポートインソールの一例<オーダーメイドインソール>
足裏を支えるために凹凸のある形状になっています
足裏を支えるために凹凸のある形状になっています