「履きやすい靴」と「歩きやすい靴」

皆さん、こんにちは。

気温が10℃を超えない寒い1日となっております京都です。

こんな日でも我が子は上着を着ないで外に出ようとします^^;我が子だけでなく、小さい子は薄着ですよね。平熱が高めということ、上着を着ることで動きにくいからかな?子供は厚着しない方がいいともいいますが、その度合いがよく分かりません~。

 

「履きやすい靴」「歩きやすい靴」、一見して同じようですが、よく考えてみると意味が異なります。

「履きやすい靴」は「靴に足入れしやすい靴」とも言い換えられますね。マジックテープやジッパー付きの靴がイメージできます。

「歩きやすい靴」はそのままの意味で「歩くのが容易な靴」です。足と靴を固定するひも靴がイメージできます。

個人的に、履きやすさは靴を履く十数秒の問題で、歩きやすさは数分~数時間の問題ですから、歩きやすさを優先するのが効果的かなとは思います。

そもそも「歩きやすい」ってなんでしょう?人はどういう状態だと歩きやすいと感じるのか。じゃあ「歩きづらい」状態とは?

なんだか長くなりそうなので次回のブログに続きます!

FinnComfort UENO
FinnComfort UENO
FinnComfort OTARU
FinnComfort OTARU