自分は何センチの靴を履けばいいの?

皆さん、こんにちは。

眩しい日差しが温かく、ありがたさを感じる京都です。

ブログのトップページに「ブログ内検索エンジン」を付けました。検索したいキーワードを入れてもらうと、関連するブログ記事が選出されます。どうぞご利用くださいませ。(ページ下部にもサイト内検索エンジンを付けています)

ブログをずっと書かせてもらっていて「こんな内容のブログ書いた気がするけど、どうだっけ?」と自分自身でも分からないことがあり導入してみました。同じようなことを何度も書いているかもしれませんが、どうかご容赦ください!

 

お客様の足を計測して「じゃあ、私は〇〇cmの靴を履けばいいんですね」とおっしゃることがあります。例えば、左右とも23cmだったら「23cmの靴を履けばいいんですね」ということです。

このご質問、とーっても難しいのです…。なので「靴によってサイズ感が違うので、まずは23cmから試着されるのがいいと思います」とお答えしています。ずいぶんと歯切れの悪い返答で心苦しいところですが、そう返答せざるおえないのです。

まず、23cmの足でも幅が広いのか細いのか、甲が高いのか低いのかなどで選ぶ靴のサイズは変わります。

くわえて、靴もメーカーや靴型によってサイズ感が異なります。同じサイズ表記でも大きく感じたり小さく感じたりしたことはないでしょうか。同じメーカーでも靴型が変わるとサイズ感が変わります。

最近目の当たりにしたのが、ノーブランドの靴とA社の靴で同じサイズ表記なのに1cm以上インソールの大きさが違ったことです。子どもの14cm表記の靴だったんですが、こんなに差があるのなら履き心地も違って当然だなと思いました。

結論としては「サイズ表記に囚われないで靴の形を見てどんどん試着しましょう」…無難な結論です(笑)

「靴の形を見て」とは自分の足と似た形の靴かどうかを見るということです。靴先とつま先を比較すると分かりやすいと思います。

または靴専門店のスタッフさん、シューフィッターに靴選びを手伝ってもらうのもいいですね。ご参考になれば幸いです。

同じサイズ表記でも靴の形が違うとこんなに見た目も違う好例です(この写真、ブログでよく転用しています^^;)
同じサイズ表記でも靴の形が違うとこんなに見た目も違う好例です(この写真、ブログでよく転用しています^^;)