正しい歩き方ってどんな歩き方?

皆さん、こんにちは。

鬱陶しい空模様となっています京都です。午後から深夜にかけて強い雨が降るそうです。

この雨を境にまた気温がグッと下がる(と言っても平年並み)よう。体調管理にお気を付けくださいませ。

 

「正しい歩き方ってどんな歩き方ですか?」、お客様からよく聞かれる質問の1つです。

「正しい」の定義は色々とあるかと思いますが、バランスの良い歩き方をお伝えしようかと思います^^

  • 2本の線の上にそれぞれ両足で立つイメージをしてください。線は「第二趾~かかとの中央」を通っています(写真1)。この時、膝小僧も正面を向くようにしましょう。そのまま2本の線の上を歩くイメージです。
  • かかとから接地して、つま先で蹴りだします。難しく考えず足部の動きに任してください。つま先の蹴りだしがしづらい方はトゥスプリングの効いた靴を履いてみましょう。(写真2)
  • 個人的に、一番大切なことは姿勢だと思います。足元が気になって前傾姿勢になりがちですが、目線は10m前方に。

 「モデル歩き」(綱渡りのように一本の線上を歩く)はお尻を振ることで衣装を綺麗に見せる歩き方であって、正しい歩き方というわけではありません。

 

普段意識しない歩き方、だからこそ正しい歩き方のキーポイントを知ることで意識するようになります。

皆さんが快適に歩かれますことを願っております。

(写真1) 第二趾の下に直線があるイメージで
(写真1) 第二趾の下に直線があるイメージで
(写真2) 靴先が上に反っていることで蹴りだししやすくなっています
(写真2) 靴先が上に反っていることで蹴りだししやすくなっています