足裏アーチは柔軟性がミソ!

皆さん、こんにちは。

雨の土曜日となっています京都です。

台風が連れてきた雨雲が午後からずっと雨を降らしています。台風が直撃しなくてよかったですね。

 

土踏まずを代表とする足裏のアーチは「体重分散」「衝撃緩和」「動作の推進力」など色んな役割を担っています。

二足歩行するうえで大事なこの役割は、体重がかかるとアーチがしなる柔軟性のおかげです。

なので、老若男女問わず人間は動作に伴ってアーチが一時的に低くなっています。

これは座位と立位で足の計測を比較すると、足に体重がかかっていない座位の時より足に体重がかかっている立位の時の方が計測値が5mm以上大きい場合があることからも容易に想像できます。

ただ、足に体重がかかっていない時もアーチが低いままで常態化してしまうことがあります。筋力不足や体重の増加などが原因の一つです。

そうなるといわゆる足のトラブルが起きやすくなるのです。

じゃあどうすればいいのか。ここでアーチサポートインソールの出番になります!

続きはwebで…ならぬ、続きはご本人様の足や履いておられる靴を見ながら店頭でお話しいたします(笑)文章では説明しづらいのです…。

今週もご来店まことにありがとうございました。来週も皆さんのお越しをお待ちしております^^