10年履かれたフィンコンフォートの靴!

皆さん、こんにちは。

身体の芯から凍える1日となっております京都です。

今朝の小雪は止み、空は分厚い雲に覆われています。昨日と違い、日差しがないとこんなに寒々しく感じるんですね。

さて、日ごろフィンコンフォートをお買い上げのお客様には「10年履ける靴です」とご説明しています。もちろん修理しながらにはなりますが、本革の品質の良さとドイツの剛健な作りで10年履けると自負しております。

先日、なんと10年ぶりのお客様にご来店いただきました。ありがとうございます^^

10年前にお買い上げのフィンコンフォートは今も現役で履かれているとのこと。屋内で使用されているため、靴底の減りが外履きよりは少なく一度も修理されたことはありませんでしたが、いよいよということで修理のご依頼でした。

下記の写真がその靴です。靴底は凹凸がなくなり、平らになっています。こうなると滑りやすいですし、不安定になるので靴底全面の交換が必要です。写真では分かりませんが、マジックテープの粘着も弱くなっていたので全交換。インソールも弱くなっていたので交換です。

けれど、表革はきれいなものです!靴先が擦れていたので靴クリームを塗ってみました。一番右写真の左側がそうです。右側と比べると革の黒色がより濃く見えると思います。

久しぶりに10年選手のフィンコンフォートを見てテンションがあがってしまいました(笑)

お写真の許可をいただき、また新しい靴も注文してくださり、ありがとうございます。これからもM様が快適に歩かれますことを願っております。

擦り減った靴底
擦り減った靴底
さすがに使用感はありますが、革はシャンとしています
さすがに使用感はありますが、革はシャンとしています
左側・靴クリーム塗りました 右側・塗る前
左側・靴クリーム塗りました 右側・塗る前