オーダーと既製品の違い

皆さん、こんにちは。

朝から弱い雨が降り続いています京都です。

先週末は雪でしたし、久しぶりの雨な気がします。通りを歩く方も少ないですね。お出かけの際はツルっと滑らないようお気を付けください!

 

以前ご購入の靴にオーダーメイドインソールを入れたいというお客様にお越しくださいました。ありがとうございます^^

オーダーメイドインソールと既成品のインソール、両者は何が違うのでしょうか。

メディゲイトのオーダーメイドインソールは「アーチサポート」がポイントです!内側縦アーチ・外側縦アーチ・横アーチの3つを支える凸型のことを「アーチサポート」といいます。

アーチサポートがあることで足部にかかる体重の除圧(=胼胝などの対策)、身体のバランス向上(=歩き方対策)、足部のアライメント矯正(=外反母趾などの対策)が可能です。

オーダーメイドではこのアーチサポートを人それぞれ違う理想の形に近づけます。理想の形は足部の骨格などを見て判断できるのです。

既成品のアーチサポートは大量生産ゆえの決まった形になります。また、アーチサポートがあることで足あたりに違和感がある場合もあるので、既製品では足あたりの良さを重視して、アーチサポートが弱い場合もあります。

オーダーメイドインソールと既成品のインソール、両者はアーチサポートの形が決定的に違うんです。

両者の実物は店舗でも置いてあります。ぜひ一度ご覧になって、違いを知ってくださいね。

オーダーメイドインソール(セミオーダーもあります)
オーダーメイドインソール(セミオーダーもあります)
既成インソールの一部
既成インソールの一部