靴の大敵!白カビについて

皆さん、こんにちは。

雨で寒々しい朝となりました京都です。

似たような内容のお問い合わせを続けて頂きましたので、ブログでもご案内させていただきます。

寒くなってきたこれから活躍するのがブーツですよね。久しぶりに靴棚からブーツを取り出したら白カビが!?なんてことありませんか。

靴は足の汗や地面の水気など湿気にさらされていて、カビが生えやすい状況下に置かれています。

もし白カビが表革に発生したら、タオルをアルコールスプレーで湿らして固く絞り、優しく取り除きましょう。ムラになる場合があるので最初は目立たないところで試してください。晴れた日の風通しの良いところで十分に乾かし、靴クリームでお手入れしましょう。

靴の中でカビが発生した場合、ムラが発生しても良いのなら、直接アルコールスプレーを噴射してもかまいません。

黒カビやカビの匂いが強い場合は靴のクリーニング屋さんにお願いするのが吉です。

また、カビを発生させないために、「靴は濡れたまま靴棚に入れない」「晴れた日に陰干しする」「長期間、靴棚で保管するときはインソールを取り外しておく・靴棚の換気をする」を実践してくださいね。

長く愛用するためにも、少しの手間をよろしくお願いします^^

1枚目・2枚目)白カビが発生したお客様の靴です

3枚目・4枚目)アルコールスプレー付きタオルで拭き取ったあと

5枚目)靴クリームを塗布すると綺麗になりました