足の甲が高い人は「外羽根式」

皆さん、こんにちは。

たまにパラパラと雨が降ります曇り空の京都です。

昨日の時代祭は良いお天気で良かったですね!すっかり時代祭のことを忘れていて、昨日お客様に「今日は時代祭ですね」と言われたときに思わず「え!?」と大きな声で驚いてしまいました^^;

なんでも平安神宮で馬が暴れてしまったとか。大勢の人に見られて、慣れないことをすれば調子狂いますよね。怪我された方の回復を願います。

 

先ほどご来店のお客様、「甲が高くて靴が合わない」とおっしゃっていました。

履かれていたのは内羽根式のビジネスシューズ。甲が痛むせいか靴紐も結んでおられません。

ビジネスシューズには「羽根式」「羽根式」の2つがあります。靴の羽根部分(写真・赤色で囲っている部分)が閉じているのが「内羽根式」、開いているのが「外羽根式」です。

靴の成り立ちから「内羽根式」は冠婚葬祭向きと言われ、「外羽根式」は普段向きと言われています。

甲が高い方は「外羽根式」の方がおすすめです。羽根が開くので足入れ時も甲のゆとりがあるためです。歩くときもそこまで甲が圧迫されません。

お客様にもその旨お伝えしました。「形なんて気にしたことなかった」そうです。

今度靴を購入される時はぜひ「外羽根式」をお試しくださいね!