いろんな種類のインソール

皆さん、こんにちは。

真夏に逆戻りしたかのようなお天気の京都です。過ごしやすい日が続いていただけに堪える暑さですね。

さて、昨日、高校野球が大阪桐蔭の優勝で閉幕しました。高校球児の皆さんお疲れさまでした!

大阪桐蔭高校の宿舎となっているホテルで野球部員の方々と出くわしたことがあります。同じエレベーターに乗り合わせて、体格の良い部員に囲まれ圧倒されました。あのエネルギーが野球の強さなのかと納得しました^^

 

今日は「あなたが欲しいインソールはどれ?」という話題を。

お客様のお話を聞いていると、どんなインソールが合っているのか分からないと仰ることがあります。そもそもインソールって?ということも。

インソールとは「靴の中に入れる中敷」のことです。今や量販店には様々な形状の様々な用途のインソールがあります。種類が多すぎるがゆえに、ただでさえ分かりづらいインソールが余計に難しく思えてしまうのでは。

下記に簡単な説明をしてみました。自分の要望に合ったインソールを正しく使いましょう!

  • 足あたりを優しくするには、スポンジやウレタンといった柔らかい素材のインソールを。硬い中底(靴底の上部)から足を守るため、スニーカーなどに元々備え付けられています。
  • 足裏にできた胼胝やマメのためのインソールは柔らかいだけではいけません。同時にアーチサポートの凹凸があるインソールがベスト。胼胝やマメに負荷がかからないように工夫されているものが良いでしょう。
  • より良く歩きたいならアーチサポートは必須です。土踏まず部分などが膨らんだ形状をしています。靴との相性もあるため、試着できたり店員さんに話を聞ける専門店がおすすめです。
  • 脱臭効果のあるインソールは品質表示をチェック。脱臭には主に活性炭が使われています。靴を履かないときはインソールを取り出して陰干しすることも大切です。