O脚とアーチサポートインソール

皆さん、こんにちは。

薄曇りで暑すぎることもなく、過ごしやすい気候となっています京都です。

最近は朝晩は涼しくて最高気温は30℃を少し超えたぐらい、35℃以上あったあの暑い日がもう懐かしいですね~。

さて、私個人のことなのですが、来月10月10日より産休をいただきます。お店へ復帰するのは来年4月以降の予定です。メディゲイト京都店自体は休まず営業いたします。ただ、やむを得ず臨時休業になる日もあるかもしれません。どうかご了承くださいませ。

このブログも出来れば他スタッフに引き継いでほしいところです…!

 

女性のお客様で多いお悩みが「O脚」。O脚をざっくり説明すると、両ひざの間に空間ができた状態を指します。

…ざっくりしすぎなのでもう少し丁寧に説明します^^;

O脚は日本人に多く、加齢と共に増加する傾向にあります。高齢期に脚アライメント(アライメント=配列)が変化することが一因のようです。高齢期になると、太ももにある大腿骨と骨盤の角度が小さくなってただでさえ両ひざが開いたポジションになります。

また、関節も老化するのは言わずもがな。常に体重という荷重を受けている下肢はその影響を受けやすく、なかでも膝関節はダメージが著しくて「変形性膝関節症」が発症しやすくなります。60歳代後半の女性約8割が当てはまるとも。

変形性膝関節症はO脚を引き起こすことが多いので、結果としてO脚でお悩みの高齢女性が多いことになります。

アーチサポートのインソールによってO脚の負担を軽減することは可能です。アーチサポートによって足元の安定感を増し、膝関節への過負荷をのがすことができるためです。

ただ、当店は病院ではありませんから診断や治療はできません。心配な方は病院への受診をおすすめしております。

アーチサポートのインソールで快適に歩かれる方がもっともっと増えれば良いなと思います^^

(参考文献・「シューフィッター養成講座テキスト」㈳足と靴と健康協議会)