インソールの効果を活かすために必要なこと

皆さん、こんにちは。

午前中から厳しい日差し差し込む京都です。風があるのが幸いでしょうか。

メディゲイト京都店は明日13日から16日までお盆休みです。17日より通常営業です。よろしくお願いいたします。

お盆ということもあってか車通りも少ない気がします。皆さんご実家に帰省されているんでしょうか?私と旦那さんともに実家は京都市内なので遠出する必要もなく…。旦那さんのお母さんがごはんを用意してくれるのが楽しみです^^

 

どんなにインソールが優れていて足に合っていても、靴と相性が悪ければ最大限の効果が発揮できません。靴は「歩くための道具」です。

そもそも靴の形と足が合っているのかということもありますし、靴を正しく履いているのかということも重要です。

昨日お越しのお客様は「アーチサポートのインソールを使った方がいい」と言われたそうで、アーチサポートについての説明とあわせて、靴の正しい履き方もお伝えしました。

「靴ひものことなんか気にしたことなかった」とおっしゃっていたお客様。かかとに合わせて履いて靴ひもをしっかり締めることを実践するために靴もお買い上げ下さりました。ありがとうございます^^

アーチサポートの作用により土ふまずにインソールがあたる違和感があるものの、気に入って下さったようです。違和感も履いていく内に消えていきますのでご安心ください。

また、お客様は糖尿病とのこと。糖尿病の方は特に足元、靴やインソールに気を付ける必要があります。糖尿病になると末端神経が鈍感になり少しの傷でも酷くなって、最悪の場合、皮膚組織が壊死する可能性もあるのです。詳しくはかかりつけのお医者様に必ずお伺いしてくださいね。

これからもお客様が快適に歩かれますことを願っております。また17日にお会いしましょう。

靴ひもはゆるいよりも締めた方が楽に歩けます
靴ひもはゆるいよりも締めた方が楽に歩けます