靴の形で分かる!足の特徴

皆さん、こんにちは。

朝から日差し厳しい京都です。今日は気温がぐんぐんと上昇します。日差しと相まってかなり暑くなりそう。

かたや、南からは台風が接近しています。近畿地方は明日朝から明後日朝まで台風の影響を受けそうです。台風の進路によっては明日の始業時間を遅らす、または営業時間を短縮する場合もあります。ご了承くださいませ。

台風は中心より南東側の雨風が激しいことが常です。進路より東側にかからないことを願います…。

 

昨日お越しのお客様、インターネットで調べられて当店にご来店いただき、インソールをお買い上げ下さいました。ありがとうございます^^

ご自身で足部の形に左右差があると思われ、足裏にも違和感があるそうです。確かに左足の方がアーチが低下していて疲れやすそうな足でした。

詳しい説明はここでは割愛して、アーチが低下すると足部が内側に張り出したような形になります。(写真左側参照)

浅ぐりのパンプスや柔らかい素材のスリッポンを履かれている方で土ふまずの部分が内側へ極端に張り出している方、多いのでは?歩いている時や脱いだ後の靴を見ると分かりやすいと思います。このままでは足部の変形を助長してしまいます。

アーチが低い方は足を覆う範囲が広い靴がおすすめです。例えばショートブーツは足首まで覆っているので良いですね。夏場にブーツはつらいですから、せめてひも靴やモンクストラップで足部を覆いましょう。素材も本革のような強さとしなやかさを兼ね備えているのが理想です。

アーチサポートのインソールだけでは支えきれない足部の側面を靴でサポートするイメージですね。

昨日のお客様も柔らかい素材の浅ぐりの靴をお履きでしたので、上記のような靴をおすすめさせていただきました。

インソールは大切ですが、インソール単体だけで歩くことはできません。足部、インソール、靴が三位一体となって快適に歩くことができるのです。

土ふまず部分が少し張り出しているのが分かります。
土ふまず部分が少し張り出しているのが分かります。