閑話休題・観光都市の京都

皆さん、こんにちは。

昨日に引き続いて蒸し暑さは変わりません京都です。遠出されるか家にこもっている方が多いのか、人通り車通り共に少ない気がします。

さて、連日京都市観光におけるバス問題がネット上で目につきます。先月のブログ「閑話休題・観光地の混雑問題」でも話題にしました。

路線バスの1日乗車券を値上げし路線バス地下鉄1日乗車券を値下げして観光客を地下鉄へ誘導する市の計画、観光客の路線バス内キャリーバッグ持ち込みに困惑する京都市など。…観光客の方が悪者扱いされているように感じるのは私だけでしょうか?

確かに地元民として頷けるところはあります。バスより地下鉄の方が収容人数が多く、移動時間も少なく、時刻表通りに発着するので観光客にはぜひ利用してほしいです。キャリーバッグはただでさえ狭いバス車内がさらに狭くなりますから遠慮いただきたいところ。

ただ、地下鉄は路線も駅も少なく主要観光地へ行くのには適していません(金閣寺、銀閣寺、嵐山、祇園方面など)地下鉄を利用したくても不便では意味がありませんからね。そして、自分も観光客ならホテルまで駅までの最短最安の移動手段でキャリーバッグを移動させます。

なんだか観光客に無理を押し付けている気がしてならないのです。京都を観光地として誘致しているのは京都市。行きはよいよいと誘っておいて、ああしろこうしろと待遇が悪ければ「おもてなし」精神に反するのでは。

観光客は京都市にお金を使っています。直接懐に入ってくるわけじゃなくても、地元民もその恩恵にあずかっているはずです。

主要観光地への直通バスの周知、主要ホテルには定期バスを増便・運行の周知、観光タクシーの格安化など…。素人の私がこんなぐだぐだ考えていなくても京都市上層部の方はもっと具体的に地元民も観光客にも歓迎される対策を考えておられることと思います。ですよね?

今後の動向が楽しみです。またブログでくっちゃべるかと思います^^;