インソールが必要な理由

皆さん、こんにちは。

午前中から暑さ厳しい京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

7月に入り、あっという間に祇園祭の宵々山となりました。今年は連休と重なっているということもあり、例年以上の人出が見込まれるようです。

屋外で人ごみの中のお祭りになりますから十二分に熱中症対策気を付けて下さい!夜だから熱中症にならないわけはありません。

当店も三若神輿会さんへの御神酒を通じて祇園祭に参加しています。京都の夏ですね^^

 

先日、お子さんと一緒にお越しくださったお客様がおられました。ありがとうございます。

お子さんは土ふまずが低くかかとが外反しており足部に不調を訴えておられたのでアーチサポートのインソールをオススメしました。その後、「当店には老若男女問わず足のトラブルがない方も来て頂くんです」とお話ししていると「なんで足にトラブルがなくてもインソールが必要なんですか?」と質問されました。

アーチサポートのインソールは特別なもので使う人が限られているわけではなく、極論を言いますと二足歩行する人間全てに必要だと考えています。二足歩行する人間には土ふまずを代表とする足裏アーチがあるからです。

靱帯や筋肉で形作られているアーチ、時間の経過と負荷のかかり具合によりたゆんできます。足になんのトラブルを感じていない人でも朝と晩ではアーチの形状が変わってきます。このたゆみの差が激しいと疲れやすくなったり、トラブルが起こると言われています。

アーチサポートのインソールをお買い上げ下さった別のお客様が久しぶりにご来店くださいました。「インソールを一度履くと(インソールを)入れてないの靴が物足りない」ということで差し替え分をさらに2足お買い上げ下さいました。

特にトラブルがない方もアーチサポートのインソールを入れることで「なんとなく心地よい」「歩きやすい」と感じてもらえたら必要な理由はあると思います!それにはまずインソールを体感してもらうことが大前提。ぜひインソールを試着してみてくださいね。

既製インソールの他、オーダーメイドインソールもご提案いたします
既製インソールの他、オーダーメイドインソールもご提案いたします
インソール内蔵のコンフォートシューズもご用意しています
インソール内蔵のコンフォートシューズもご用意しています