インソールの柔らかさと硬さの問題

皆さん、こんにちは。

早朝から雨が降ったり止んだり、梅雨空の京都です。

気温は高くないのに湿度が高いせいで少し動くだけで汗ばんでべたべた!これは不快度指数高いですよ~。

汗ばむ季節になると、首が長い?からか毎年首の汗疹になりやすく、お風呂上りにベビーパウダーをポンポンしています。「ベビー」と名前がついていますが、大人の私も重宝する優れもの。化粧直しにも使えるそうですね。

 

日本に長く在住されている外国人のお客様にオーダーメイドインソールをご注文いただきました。ありがとうございます^^

なんでも小さいころからインソールを愛用されているとのこと。お客様曰く、日本のインソールは軒並み柔らかいそうです。

母国で作られたというオーダーインソールを見せてもらうと確かに硬い。カーボンを使用しているようで負荷をかけてもびくともしませんでした。

以前からお話ししています通り、インソールには体重や衝撃を吸収する柔らかさと全体重を保持する硬さが必要です。

特にスポーツ用(テニスやバスケットなど)インソールは動きが激しい分、柔軟性が求められます。立ち仕事の方にははある程度硬いインソールが望ましいです。

お客様には体重を保持できる硬い底材を用いてお渡しさせて頂きました。これからも快適に歩かれますことを願っております。

白い部分がオーダーインソールの底材です
白い部分がオーダーインソールの底材です