外国人のお客様が購入されたソックスは…

皆さん、こんにちは。

薄曇りのおかげで過ごしやすい気候となっています京都です。

火曜から水曜にかけての豪雨、大丈夫でしたか?水曜の早朝が風雨ともに一番激しかったですね。鴨川も勢いを増して濁っていました。

今週末もお天気崩れるようです。やっと梅雨らしい季節になってきました。

 

二条城近くにある土地柄、外国人観光客の方にもよくご来店いただくようになりました。

先日お越しの方はインソールに穴が開いて足裏が痛いということでインソールと靴下をお買い求めに。ありがとうございます^^

靴下は五本指ソックスをお買い上げくださったのですが、とっさに五本指ソックスを英語でどう伝えればいいか分からずジェスチャー(私はいつも五本指ソックスを履いているので自分の足を指しました)でお伝えしました。

「five finger socks」と言いたいところですが「finger」は「手の指」という意味で異なるかなと思ったのです。余談ですが、本来、日本語でも「足の指」は間違った表記で正しくは「趾」と表記します。

検索してみたところ、五本指ソックスは「five-toed socks」「toe socks」と言うそうです。

五本指ソックスはもともとスペイン発祥だそうで驚きでした。なんとなく日本発祥かと、昔から足袋がありますし。

いつも「足のお悩みは老若男女問わない」と思っていますが付け加えて「足のお悩みは世界共通老若男女問わない」が正しいようですね。