なぜインソールが大切なのかお教えします

皆さん、こんにちは。

良いお天気に恵まれています京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

昨日に引き続き暑い1日となりそうです。意識して水分補給、こまめな休憩をとりましょう!

 

靴にもっとも触れている足の部位はどこだと思いますか?

「足部(足首より下方)」を思い浮かべた方、正解です。では、足部の中でもっとも触れている部分は?答えは「足裏」です。二足歩行する人間の足裏は指先からかかとまで靴に触れています。

靴選びの時、表革のことは皆さん気にされます。デザインはどうだ、ジッパー付きの方がいいか、足幅が合うかなど大事なことです。靴好きな方だと靴底もチェックされることが多いですね。

ただ、表革や靴底に対して、靴の中の足がもっとも触れているインソールのことはおざなりにされがちです。これはとっても勿体ない!

もっとも足に触れているということはインソール次第で履き心地も変わってくるということです。いつも靴の中ゆえ、まさに日の目をなかなか見れないインソールですが、とても大切な役割を担っています。

「足部は身体の土台」という言い方をよくします。「身体の土台」をさらに支えてくれるのがインソールです。足のトラブルに関わらず、老若男女問わず、インソールが大切であることは想像にたやすいと思います。

インソールの説明もしておりますので、店頭にてお気軽にお声がけくださいませ^^

「アーチサポート」に特化したインソールをご用意しています
「アーチサポート」に特化したインソールをご用意しています