外反母趾とインソールの関係

皆さん、こんにちは。

良いお天気に恵まれています京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

桜も見ごろを終えて以前より御池通の人通りは落ち着いています。すぐにGWと葵祭が続きますからまた観光客の方々で賑わいそうです^^

当店西隣にあります神泉苑では5月2日~4日まで神泉苑祭が催されます。当店は5月2日~3日と定休日なので、4日ご来店の際はぜひ神泉苑祭もご覧くださいね。

 

先日、高校生のお客様にオーダーインソールを作成させていただきました。ありがとうございます!

中学生のころから外反母趾にお悩みでインソールが手放せないそうです。「若い子でも外反母趾になるんですか」と聞かれることがありますが、もともと筋力が少ない女性が体力がおとろえだす年代に症状がでやすいというだけで、年齢は関係ないと思います。

外反母趾は女性が圧倒的に多く、特に13~14歳・40~50歳にかけて増加のピークが見られます(「シューフィッター養成講座テキスト」より)

お客様の場合、中学生の頃から継続的にスポーツをされていました。外反母趾=親指の付け根はスポーツにおいて非常に重要なポイントです。走る時、ジャンプする時、地面で踏ん張る時、親指の付け根には負荷がかかります。

外反母趾の原因を特定することは難しいですが、親指付け根への過度な負荷が外反母趾を助長したのかもしれません。

一見して無関係のように見える外反母趾とインソールの密接な関係は店頭でもお話ししております^^ぜひお気軽にお声がけくださいませ。

オーダーメイドインソール
オーダーメイドインソール