靴のかかとは踏んだらだめ!

皆さん、こんにちは。

曇りがちですが良いお天気になっています京都です。少し風が強いでしょうか。

本日は誠に勝手ながら17時閉店とさせていただきます。お間違いのないようお気を付けくださいませ。4月1日(土)も16時閉店です。そちらも合わせてご注意ください。

 

今日、ある靴を久しぶりに履きましたら左足だけかかとが痛く感じられました。アキレス腱のいわゆる靴擦れしやすいところです。

よく見てみますと靴の左右で足入れ口の中の形が違います。

左足は靴を履く時にかかとを踏んだのか中のスポンジが下部に偏っています。偏ったスポンジがかかとを圧迫しているようでした。

「靴を履く時はかかとは踏まないようにしてください」とお話しするのは上記のようなことがあるからです。踏まれた靴のかかと部分はひしゃげてしまいます。また、快適な歩き心地を求めるならかかとがシャンと立っている方が安定感もあります。

お客様に注意していることを自分でしてしまうとは…。実感して靴のかかとの重要性がさらによく分かりました(笑)

実験台にひとまず左足のスポンジをならしてみます。改善するのか?次回ブログでお伝えしますね。

今週もご来店ありがとうございました!明日火曜日は定休日です。29日(水)からもよろしくお願いいたします。

靴のかかとを踏んでしまうとこんな弊害が!
靴のかかとを踏んでしまうとこんな弊害が!