パンプスならではの選び方のポイント

皆さん、こんにちは。

落ち着いたお天気となっています京都です。

今日は久しぶりに最高気温が10℃以上あります。が、寒くないわけではありません^^;かじかんだ指をストーブでほぐしてキーボード打っています。

 

女性のお客様でお話しをよく聞くのがパンプスの問題です。「足に合うパンプスがない」「どんなパンプスを履けばいいのか分からない」などなど。

パンプスも基本的には靴と同じです。「つま先にゆとりがありつつ、足幅は靴にフィットし、かかとは靴と離れない」

ただ、パンプスならではの選び方のポイントがもう2つあります。

  • ①はつま先を覆うアッパーの長さの違いです。左はしっかり深くつま先を覆っているのに対し、右は指の股が見えるほど浅いようです。覆っている部分が多いほど足とパンプスがフィットすることは簡単に想像できるかと思います。
  • ②はヒールの形状と高さです。左はヒールが太く短く、右は細く長くなっています。かかとは全体重の半分が荷重するところです。安定感がなければ立っていることもつらいでしょう。ヒールの高さは3cmまでがベストです。

全ての条件を満たすパンプスはプレーンのパンプスと比べると見劣りするかもしれません。しかし、パンプスは履くものです。どんなに綺麗なパンプスを履いていても足とフィットしておらず歩き方がおかしいと見栄えが良くありません。鑑賞するものではありませんから履いてこその価値があると思います。

パンプス選びのご参考になれば幸いです^^