誰にも必要なアーチサポートインソール

皆さん、こんにちは。

貴重ないいお天気の1日となりました京都です。メリークリスマス!

今日は市内で高校駅伝が開催されました。実家の近くも走行区間のため、子どものときはテレビに映ろうと歩道から必死に応援していたものです。動機が不純(苦笑)

間近でマラソンを見て、この速度で何kmも走るのかと子ども心に驚いた記憶があります。

ランナーの皆さんは特に靴にかかとを合わせて靴ひもはしっかりと結んでマラソンにのぞんでくださいね。

年末年始休業 2016年12月29日(木)~2017年1月5日(木)

 

先ほど通りすがりのお客様にインソールをお買い上げいただきました。ありがとうございます^^

以前からインソールをご愛用されているそうで、「年々足が広がっていくような気がしてインソールがいいのかなと」と仰っていました。足が広がるとは「足部の幅が広くなっている」ということです。この「年々足が広がっていく」感覚、あながち間違いではありません。

加齢に伴って筋力が落ち体重が増加すれば身体の土台である足部に負担がかかることは容易に想像できます。過剰な負担は足部にある土ふまず(アーチ)を低下させ、薄く平べったい足部にさせます。特に女性は男性と比べてもともとの筋肉量も少ないため、足のトラブルが起こりやすいといわれています。

くわえて、足に合っていない靴を履くことで足部の負担はますます助長されることに…。

常日頃お客様にお話ししています、アーチサポートのインソールは足のトラブルがない人にも大切なのです。なぜなら人は誰しも年を取るからです。

インソールのことをもっと知りたい、自分の靴にインソールが入るか知りたいなどありましたらお気軽にお聞きくださいませ。お待ちしています!

インソールで足部を下から支えます
インソールで足部を下から支えます