靴のジッパーは外側?内側?

皆さん、こんにちは。

冬らしいどんよりとした空模様となっています京都です。

昨日は1日中雨が降っていましたね。今日出勤しましたら店先が落葉したイチョウでたいへんなことになっていました^^;歩道を埋め尽くすイチョウの葉が雨でぐちゃぐちゃに…。お隣さんと一緒に掃き掃除に勤しみました。

 

ショートブーツをお探しのお客様が「ジッパーが外側についている靴と内側についている靴があるのはなぜですか?」とご質問いただきました。

確かに、フィンコンフォートの中でも「外側についている靴(FURANOなど)」と「内側についている靴(HAKODATEなど)」があります。

ジッパーが外側についていますと女性は脱ぎ履きしやすい利点があります。例えばスカートを履いている時、外側ですと膝を開かなくても良いので見目綺麗に脱ぐことができます。逆に、ジッパーが見えることで靴がカジュアルな印象になりますね。

内側の場合はジッパーが見えにくいので、ショートブーツなら一見して編み上げブーツのように見えます。ただ、内側だと歩き方によってはジッパースライダー同士が擦れてしまう方もいらっしゃるようです。

どちら側だから良いということは特にありません。ご自身のライフスタイル(スカートをよく履く、カジュアルな服装を好む、など)に合わせて選んでもらえればと思います。

脱ぎ履きの多い日本のライフスタイルに合わせて、フィンコンフォートはジッパー付きの靴を用意しています。カタログを見ますと、ジッパー付きの靴は「日本限定モデル」ばかりです。

もしジッパー付きの靴を履いたことがない方、ぜひ一度お試しくださいね^^

外側にジッパーが付いているFURANO(ブラウンショコヌバック/41040)
外側にジッパーが付いているFURANO(ブラウンショコヌバック/41040)
内側にジッパーが付いているHAKODATE(ネイビーフラワーエンボス/45360)
内側にジッパーが付いているHAKODATE(ネイビーフラワーエンボス/45360)