革靴のお手入れ方法についてお問合せ

皆さん、こんにちは。

気持ちの良いお天気となっております京都です。

すっかり紅葉もすすんでいますね!押小路町のカエデはすでに真っ赤です。

家の近所にあります鴨川の土手も綺麗に紅葉していて、今日みたいな快晴だと空の青さも相まって癒されますよね^^

 

靴のお手入れについてお客様よりお問合せ頂きましたので、ブログでもご案内しておきます。

「家に靴クリームとミンクオイルがあるが、お手入れにはどちらを使ったほうがいいのか」という内容でした。お客様にはフィンコンフォートの靴を愛用して頂いており、最近靴の革がカサついてきたのでお手入れしようと思われたそうです。

お手持ちの靴がスムース革ということから総合的に考えて、靴クリームのお手入れをおすすめさせていただきました。

靴クリームには主に「油分」「水分」「ロウ(蝋)」が入っています。ミンクオイルは名前の通り「油分」が主な成分です。

革は人間のお肌と同じように乾燥することでカサつきます。ささくれたり、色が薄くなるので見た目ですぐ分かります。「油分」だけでなく「水分」を入れてあげることで、乾燥した革にうるおいを与えることができます。また、靴クリームの方が扱いやすいというメリットもあります。ミンクオイルは限定的な使い方しかできないそうです。

革靴のお手入れは「汚れ落とし」「保革」、加えるとしたら「つや出し」の3工程。「汚れ落とし」はブラッシングや靴クリーナー、「保革」は靴クリーム、「つや出し」は靴クリームに入っているロウ成分で補えます。

上記はスムース革の場合で、革の種類によってお手入れ方法は変わりますのでご注意くださいね。岸本優でした。

店頭にも革靴のお手入れグッズ「コロニル」ご用意しております
店頭にも革靴のお手入れグッズ「コロニル」ご用意しております