「インソールってあったほうがいいの?」

皆さん、こんにちは。

今日も秋らしいお天気となりました京都です。

季節の変わり目で体調を崩すことが多くなるように、季節の変わり目になると靴の修理ご依頼が多くなります。

修理完了品のお渡しがいつもより遅く、1週間以上~2週間ぐらいになることもございますのでご容赦ください。2週間以上遅延する場合はご連絡いたします。

当店取り扱いメーカーならば他店さん購入品でも修理を受け付けておりますのでお近くの方はどうぞご参考になさってください。

 

「靴にインソールって入れたほうがいいの?」とご質問いただくことがあります。

そもそもインソールは靴に初めから本来備わっているはずです。取り外せたり取り外せなかったり、柔らかったり硬かったり、平らだったり凹凸があったり、種類はさまざまですが足裏に触れる面がインソールなんです。

当店で扱っているインソールはいずれもアーチサポートがあります。アーチサポートとは「土ふまずなど足裏を支える形状をしている」こと。足部という身体の土台を守り支えることで、足だけに限らず身体全体を支えられます。

もし靴の中が平らだったり、硬く感じられるのならアーチサポートのインソールを入れることで快適に歩けるかもしれません。

とはいえ、履き始めから窮屈な履き心地の靴にインソールを入れるとさらに窮屈になりますし、インソールも足や靴によりけりですね。

「自分の靴にインソールは入るのか?」「どんなインソールがいいのか?」など、インソールのご相談に来て下さるお客様もいらっしゃいます。皆さんの快適な履き心地、歩き心地の手助けになれば幸いです^^岸本優でした。