閑話休題・この花知ってますか?

皆さん、こんにちは。

文化の日の今日は素晴らしい快晴となっております京都です。

なんでも文化の日は「晴れの特異日」だそうで、例年偶然とは思えない確率で晴れの日が多いそうです。今年も晴れましたね。

来週も良いお天気が続くようです。午前中にお越しのお客様は「出かけるときはこの靴(フィンコンフォート)じゃなくと歩けなくて」と修理に、新しい靴もお買い上げくださいました。ありがとうございます^^秋のお出かけ日和、足に合ったインソールと靴でお出かけください!

 

お休みだった昨日は普段の洗濯に加えて、夏布団をコインランドリーで洗濯してきました。さすがに羽毛布団や毛布の利用が多かったですね。

洗濯終了時間まで近所をブラブラと歩いていますと、最近よく見かける花にまた出会いました。写真のお花です。

お分かりになるでしょうか、同じ茎から別の色の花が咲いているのです!黄色とピンクのコントラストが綺麗だな~と気になっていました。

調べたところ、名前は「ランタナ」。和名はその名も「七変化」。花の色が違うのは咲き始めは黄色で、時間が経つにつれピンクへと色を変えるからだそうです。

華やかな色は南アメリカ原産と知って納得。そして、生態系に悪影響を及ぼす外来種だそうです。

花の左側についている実は熟すとブルーベリーのような濃い藍色になります。哺乳類には有毒なのでつまんで食べないようにご注意ください。小学生のころは調べもせず、枝に付いてる実を口にいれていたなぁ^^;

このランタナの奥にはコスモスが咲いていました。秋は春に次いで植物鑑賞が楽しい時期です。皆さんもお出かけの際にはぜひ道端の植物にも注目してみてください。岸本優でした。

咲き始めは黄色、時間がたつにつれ橙色から赤色・ピンク色に色を変えるランタナ(七変化)
咲き始めは黄色、時間がたつにつれ橙色から赤色・ピンク色に色を変えるランタナ(七変化)