オーダーメイドインソールの手直し

皆さん、こんにちは。

日差しもなく、薄ら寒いお天気となっています京都です。

いよいよ寒いぞと冬用掛け布団をだしました。暖かく寝れたおかげで快眠^^最近夢ばかり見て眠りが浅かったのは寒かったからかもしれません。

冬本番になると就寝前に布団の中へ湯たんぽを入れておきます。布団に入る頃には布団をほんわかと暖かめてくれて眠りにつきやすいのです。ただ、暖かいからといって湯たんぽを入れたままで寝てしまうと低温ヤケドの可能性があるので絶対にしないでくださいね。

私自身、湯たんぽによる低温ヤケド経験者です。起床して朝の支度をしながら、ふくらはぎがじんじん痛むなぁと思って見て気付きました。クレーターのように凹んで皮膚がただれて…。今も痕が残っています。低温ヤケド、侮れませんよ。

 

以前にオーダーインソールをお買い上げのお客様から「入れる靴によってつま先が詰まる感じがする」とお問合せいただきました。

オーダーインソールは性質上、「型取りをしたインソール」+「底材のインソール」を合わせたものです。二種類のインソールを合体させているんですね。

そのため一般的な既製品のインソールに比べると分厚くなってしまいます。分厚いことでつま先が靴先に当たるようになることが間々あるのです。靴によって靴先のスペースは違いますから全ての靴に当てはまるとは限りませんのでご安心ください。

このような場合はオーダーインソールの底材を削り、薄くすることで靴先のスペースを確保することが可能です。お客様のオーダーインソールも薄く削ることで快適に履いていただけるようになりました。

当店でお作りのオーダーインソールは手直しを無料でサービスしております。なにか気になった点がありましたらどうぞお問合せ下さい。岸本優でした。

インソールのつま先部分が分厚いことで指と靴が当たっています
インソールのつま先部分が分厚いことで指と靴が当たっています
インソールのつま先部分だけを薄く削ることでつま先の圧迫を除圧、アーチサポートはそのままです
インソールのつま先部分だけを薄く削ることでつま先の圧迫を除圧、アーチサポートはそのままです