外反母趾とインソール

皆さん、こんにちは。

肌寒さに秋が感じられる京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

昨日は地下鉄を利用される方が多く、お店の前にあります御池通を東へ歩く方も多くて週末だからかと思っていたら時代祭でしたね!ご来店のお客様も交通規制による渋滞に巻き込まれてしまって大変だったそうです。

秋の観光シーズンでただでさえ交通量が増えています。お出かけの際は安全運転第一でお願いします !

 

昨日はインソールをお求めのお客様ばかりでした。ありがとうございます^^

当店ではまず足を計測させてもらって、その足の特徴からアーチサポートのインソールがいかに効果的かご説明しています。

ご説明していく中で、お客様がよく納得・合点されることが外反母趾とインソールの関係です。「付け根から親指が外側に曲がっていく」外反母趾と「足裏を支える役割」のインソールは一見して無関係のように思えますが、実は密接に関係しているのです。

まず、外反母趾とは指だけが急に曲がっているわけではありません。なぜ指が外側に向いてしまうのか。土ふまずが低くなると、骨格上、指が外側に向きやすくなるのです。土ふまずが低くなると、外反母趾になりやすい。つまり、アーチサポートのインソールで土ふまずを支えてあげるのが外反母趾にも効果的なのです。

なかなか文章だけでは伝わりづらいかと思います^^;気になられた方は店頭で詳しくご説明いたしますね。お話しだけでも結構です。

今週も皆さんのお越しをお待ちしております。岸本優でした。

土ふまずがあると指はまっすぐです。正面から見ると、かかとは見えません。
土ふまずがあると指はまっすぐです。正面から見ると、かかとは見えません。
土ふまずが低くなると指が外へ流れます。また、かかとの骨も外側に向いて「>」のような形に。
土ふまずが低くなると指が外へ流れます。また、かかとの骨も外側に向いて「>」のような形に。