大人になってからも足は変わる

皆さん、こんにちは。

 

今にも雨が降りだしそうな雲に覆われています京都です。

深夜の大雨、すごかったですね!3時ごろ、けたたましい雨音に思わず起きてしまいました。

雨の日、靴の中まで濡れてしまったら、お家に帰ってからインソールを取り外してください。取り外せない場合は新聞紙などを丸めて靴に詰めましょう。早く乾かしたいあまりに温風ドライヤーをあてるのはおすすめしません。素材の傷みに繋がりますのであくまで自然乾燥で!

靴内が濡れたままですと不衛生ですし、インソールや靴の持ちにも関わってきます。ひと手間かけてあげてくださいね。

 

以前からお越しいただいているお客様に久しぶりにご来店いただけました。お足元悪い中、ご来店ありがとうございます^^

随分と体重が減ってしまったとのことで、靴のサイズや履き心地が変わってこられたそうです。以前はぴったりフィットしていた靴も今はゆるく感じられるとか。痩せて肉付きがほっそりされたためかと推測できます。

大人になれば成長は止まりますが、大人になってからでも足部は変化します。

体重で言えば、3kgの増減で足部も変わるそうです。あとは筋肉量の衰えによるアーチ低下(アーチが低くなると一般的に幅が広がる)、合っていない靴によるつま先の変形もあります。怪我や病気での変化もあり得ますね。

「あれ、靴が狭く感じる」「足裏が痛く感じる」など変化を感じたら靴やインソールを見直す時期かもしれません。どうぞ当店をご利用くださいませ。岸本優でした。