スポーツ用のオーダーインソールについて

皆さん、こんにちは。

どんより曇り空の京都です。洗濯物も乾かないし、太陽が恋しいです…。

今日はある芸能人のご夫婦が京都市内の神社で挙式をあげられたそうですね。神社名は報道されてませんが、世界遺産の神社ということで上…神社じゃないかなと予想。特にファンというわけでもないんですが^^;どこの神社かは気になっちゃいます。

 

お問合せがありましたのでブログでもご案内いたします。

「オーダーメイドインソールでランニング用(スポーツ用)は作成できますか」とのことです。まず、お答えとしては「作成できます」

作成方法は日常生活用のインソールと同じで、底材の加工を薄くしなやかにすることでスポーツ用にも対応できます。

そもそも日常生活用とスポーツ用でインソールはどう違ってくるのか、ご説明しますね。

日常生活用とは、歩行(前進運動)のサポートを目的としています。足の動きは一定です。かかとから接地して重心移動し、つま先で蹴りだします。

スポーツ用になると走ったり、ジャンプしたり、踏み込んだりと多彩な動きをサポートせねばなりません。ランニングも前進運動には違いないのですが歩行よりもインソールへの荷重、衝撃、蹴りだしのパワーが高くなります。

日常生活用は体重を保持して足元を安定させるためインソールを硬めで厚く作成するのに対して、スポーツ用は激しい動作に対応できる柔軟なパフォーマンス性のためインソールにしなりが必要となります。おのずとインソールの形状も変わってきます。

また、スポーツ用には既製品でもインソールをご用意しております。そちらもご参考ください。岸本優でした。

インソールの裏側
インソールの裏側
奥と手前のインソールで厚みが違うのが分かるでしょうか?
奥と手前のインソールで厚みが違うのが分かるでしょうか?