インソールの消耗と足の変化

皆さん、こんにちは。

午後になってから雲が多く、蒸し暑くなっています京都です。

先ほどダイレクトメール投函しましたので市内の会員様には明日にでも届くかと思います^^が、明日は定休日ですのでお間違いのないように!

9月14日(水)から10月10日(月・祝)まで新商品お買い上げのお客様へ素敵なプレゼントがあたるフェアを実施しております。DMご持参のうえご来店くださいませ。

新商品の他にもシーズンオフの靴がお求めやすくなっております。ぜひご覧ください。

 

靴底が削れて消耗するように、インソールも日々消耗しています。

動作を伴って全体重を支えているのですから素材が劣化したり、アーチサポートが偏平することがあるのです。修理できる場合もありますのでおっしゃってくださいね。

オーダーメイドインソールは大事に履いていただくと5年以上もつことも!ただ、5年も使用していますとインソールに違和感を覚える方も多いです。

それはご自身の足の変化によるものです。「成長期の終わった大人なんだから足なんか変わらない」とお思いでしょうか?大人になってからも足は変化します。

成長期は終わりましたが人は生きている限り年を重ねています。運動量が減って筋肉が衰えたり、体重が増減したり、靴の環境が変わるだけでも足は変化しているのです。特に筋肉の衰えはアーチの偏平という形で如実にあらわれます。

今まで履いていたインソールに違和感があれば見直すのも一つの手かもしれません。岸本優でした。

当店オーダーメイドインソールの表面シート張替、底材張替も承っております
当店オーダーメイドインソールの表面シート張替、底材張替も承っております