注意!靴・インソールの保存の仕方

皆さん、こんにちは。

まさにくもり時々雨の1日となっております京都です。

雨が降ったと思ったら止んで、しばらくしてまた雨が降りだしてといった風にスッキリしません。空気も蒸し蒸しですね。

夏場はどうしても運動不足になるので、先日からスマホのアプリを教科書代わりに筋トレを始めました。それから毎日筋肉痛です^^;特に太ももの内側。イスにすわろうと屈む姿勢がつらくって!今までいかに筋肉を使っていなかったのか痛感しています。

 

筋肉は使わないと衰えてしまいます。同じように、靴も履かないと劣化してしまうのです。

履いて歩いて靴が疲弊するのは仕方ありませんが、履いていないのに劣化してしまってはもったいないですよね。

この梅雨時期によく見かけるのが靴底の加水分解です。靴底の素材に湿気が結びついて、靴底がひび割れたりもろもろと崩れたりします。たまに道路に落ちている靴底の大半がこの加水分解だと思われます。湿気のこもった靴棚で長期間安置していると起こりやすいようです。

よく聞くのが「大切な靴だからこそあまり履かずに仕舞っておいて、いざ履こうとしたときに靴底が剥がれてしまった」というケース。ショック大ですね!

靴棚はたまに換気をして、通気をよくしておきましょう。大切な靴ならば履く前に靴底にひび割れなどがないか確認してください。靴底の素材によっても加水分解のしやすさが違うようです。

靴やインソールにとって湿気は天敵です。天気のいい日に陰干しで除湿してあげてください^^岸本優でした。

日干しでは革が傷むので陰干しで除湿してください
日干しでは革が傷むので陰干しで除湿してください