足が疲れやすい・むくみやすいはなぜ?

皆さん、こんにちは。

蒸し暑い1日となっております京都です。

参議院選挙の投票日ですね。有権者の方々は投票されましたでしょうか?私は仕事終わりに投票しに行きますよ~。

今回から選挙権年齢が18歳以上となりました。自分が18歳のころ、選挙に興味はあったかと思い起こせば、正直なかったです^^;政治や国会は遠い出来事のようで、今も大して詳しいわけではないのですが今よりさらに意識が薄かったですね。

18歳以上の選挙権が有効となったのなら、「自分にも選挙権があるんだ」という意識をもって調べ考えるきっかけになるかと思います。

 

今朝ご来店のお客様は他府県から京都観光にお越しでした。フィンコンフォートのサンダルをお買い上げいただきました。ありがとうございます^^

「偏平足で足が疲れやすいんです」とお客様。また、足部のむくみにもお悩みでした。

確かに足部が偏平することで足は疲れやすく、むくみやすくなります。それは偏平した部分が「衝撃吸収」や「血流のポンプ」を担っているからです。

足部にある3つのアーチ「内側縦アーチ(土ふまず)」-「外側縦アーチ」「横アーチ」が合わさって足裏にドームを形作っています。アーチが1つでも低くなれば他のアーチも追随して低くなり、ドーム自体も低くなります。ドームにはバネ作用もあります。加圧さればしなり、除圧されるともとに戻ります。

地面からの衝撃はドームに吸収されます。ドームが平坦だと衝撃が吸収できず、そのまま足裏へ負担となるのは想像にたやすいでしょう。

そして、ドームの動きは血流にも関係しています。筋肉が動くことで血流はよくなります。ドームのバネ作用がうまく動かなければ、ただでさえ滞りやすい下半身の血流がさらに悪くなり、むくみとなるわけです。

アーチサポートのインソールで足裏のドームを支えて快適に歩いてくださいね。岸本優でした。