足のムレを軽減する方法

皆さん、こんにちは。

言いたくないけど言わずにはいられないほど暑い!1日となっております京都です。

先ほど遠雷が聞こえて、雨が降るか?と思ったら降りませんでした。余計に蒸し暑くなったような気がします^^;夕方以降も通り雨に注意ですよ。

明日明後日は定休日のため、連休となります。お間違いのないよう、お気をつけくださいませ。

 

暑くなると気になるのが「足のムレ」。特につま先が覆われている靴は空気の逃げ場がなく蒸れやすくなっています。

夏が暑いのは仕方ないですし、靴を履かなければならないのも仕方ないなら、いかに蒸れにくく感じるかが大切ではないでしょうか。

ぜひ靴の裏側が本革で出来ている靴をお履きください。意外に思われるかもしれませんが本革は汗を吸収してくれるのです。本革とはもともと動物の皮膚です。加工することで皮膚から革になっているのです。皮膚は呼吸をしますから、本革は吸湿性・通気性にも優れていると言われています。

一番不愉快なのが素足で合成皮革の靴を履くこと。靴下も履いていないので、汗が吸収されず靴内にベタベタと残ってしまいます。

本革のインソールを敷くだけでも違いがあるそうです。ぜひご参考になさってください!岸本優でした。

フィンコンフォートはインソールから裏側まで、足が降れる部分は全て本革で作られています
フィンコンフォートはインソールから裏側まで、足が降れる部分は全て本革で作られています