靴底・中底の修理について

梅雨時に貴重な快晴が続いています京都です。

明日からはまたお天気下り坂が続きますから今日は洗濯日和ですね。我が家もたまった洗濯物を干せました^^

また、土曜日はお休みをいただきましてご迷惑おかけいたしました。明日火曜日は定休日となります。ご了承ください。

 

靴底の修理に関するお問い合わせが続きましたのでご紹介いたします。

基本的に靴の構造は地面側から「靴底→中底→…」と作られています。摩耗してまず傷んでくるのは「靴底」です。衝撃吸収性に優れた素材を使用していることが多く、例えばフィンコンフォートではポリウレタンソールを用いています。

まさに身を削って足への衝撃を軽減しているので、靴底が摩耗してしまうのは致し方ありません。

たまに愛用されているがゆえ、靴底よりもう一層上の「中底」まで穴が開いてしまう場合があります。もし中底まで破けたり、穴が開いてしまった場合も修理できる可能性があります。別途料金がかかりますのでご了承ください。

当店でも取り扱いのメーカーであれば、他店で購入された靴でも修理受付しております。ぜひご利用ください!岸本優でした。

インソールを取り外すと中底が見えます ※サンダル類は中底がありません
インソールを取り外すと中底が見えます ※サンダル類は中底がありません