足底腱膜を支えるインソールを

皆さん、こんにちは。

どんよりとしたお天気で暑さは感じません京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

さっきからパラパラと雨も降っています。お天気不安定なところ、ご来店いただきましてありがとうございます^^

 

「足からトゲがはえる」、そう聞いたらどんなイメージをしますか。恐竜のトサカのようなギザギザ?ヤマアラシのような鋭く細いトゲ?人間の身体にトゲがはえるとはイメージしにくいですよね。

実際に踵骨棘(しょうこつきょく)という症状があります。読んで字のごとく、かかと(踵)の骨にトゲができるのです。詳しくはコチラをご覧ください。

かかとの骨~指の根元には足底腱膜が張っています。長期間かかとが内側に倒れたり、土ふまずが低くなったままですと足底腱膜が引っ張られ常に張りつめた状態になります。足底腱膜がかかとの骨をずっと引っ張り続けると、かかとの骨からトゲが作られるのです。

作られるだけならまだいいのですがこのトゲが痛みを伴ったりします。歩行はかかとが始点ですから、かかとが痛むと歩くことも億劫に…。

そもそも足底腱膜が張りつめた状態になることがトゲを生み出します。足底腱膜の負荷を軽減してあげることが大切です!そう、アーチサポートのインソールですね。土ふまずを支えてあげることで緊張している足底腱膜を手助けしてあげましょう。

お医者様で「足底腱膜症」「踵骨棘」と診断を受けられましたらインソールや靴を見直すのがおすすめです^^岸本優でした。