エナメル革の正しい取り扱い方

皆さん、こんにちは。

曇り空ですがまだ雨は降っていません京都です。

昨日は結局雨降りませんでしたね。今日は夕方以降にところどころで雨が降る程度、まとまった降雨ではないようです。

降らないに越したことはないんですが、降ると思って部屋干ししたり傘を持参したり心構えしているのでいっそ降ってほしい!ちょうど防水スプレーをお買い上げいただいたお客様とそうお話ししていました^^;

 

エナメル革について、先日調べていましたら初めて知ったことがありましたのでブログでもご紹介させていただきます。

まず、エナメル革とは「本革の上に樹脂でコーティングされた革」のことです。樹脂のおかげて漆器のような濡れた光沢が可能なんですね。

革の上に被膜のようにコーティングされているんですから雨に強いと思われがちなんですが、実は違います!ステッチや革のつなぎ目から革と樹脂の間に雨が浸水することがあるそうです。革の色が薄いと浸水した部分は色が濃く見えます。こうなるともう対処の仕様がありません。雨の日にはエナメル革は避けた方が無難です。

とは言っても突然の雨は防ぎようがありません。保護の意味もこめて防水スプレーでお手入れしておきましょう。

エナメル革にはエナメル革専用の防水スプレーがマストです。防水スプレーも樹脂を革に吹き付けて防水します。専用の防水スプレーでないと樹脂同士が反応してエナメル革が溶けてしまう場合が…!樹脂がべたついたら危険なサインです、ご注意ください。

スムース革とエナメル革のコンビネーションの靴の場合、エナメル革専用防水スプレーを全体に噴射すればいいそうです。スムース革にも同様の効果が得られます。

お客様の中にも革製品がお好きで、逆に教えて頂くこともあります。深い世界ですね!ご参考になれば幸いです^^岸本優でした。

FinnComfort SEIJO-S \44280 どちらともエナメル革とのコンビネーションです
FinnComfort SEIJO-S \44280 どちらともエナメル革とのコンビネーションです