インソールで履き心地が決まる!

皆さん、こんにちは。

雨が降りそうで降らない鬱陶しいお天気となっています京都です。

曇り空のおかげで気温は上昇していません。今日が平年並みの気温だそうです。今ぐらいが過ごしやすいですね。

先日、他府県から京都へ引っ越されてきたお客様と夏の暑さについてお話ししていました。「京都は田舎と比べると日差しは柔らかいけど湿度が高い」その通りです^^;

京都の暑さは蒸すんですよね。カラッとした暑さでないので不快感が高く、気温以上に暑く感じます。

 

お客様にアーチサポートのインソールをご試着されますと「こんなに履き心地が違うんですか!」と驚かれることが多々あります。

なぜインソールを装着するだけで履き心地がよくなるのでしょうか。

考えてみれば簡単なことです。靴に触れている面積が一番広いのは足裏です。足裏はつま先からかかとまで全面が靴(インソール)に触れています。なので、インソールが心地いいと靴自体も心地いいように感じるのです。インソールの体感で靴の履き心地は8割方決定するとも言われています。

足裏は皆さんが思っている以上に凹凸があります。高級まくらが頭や首・肩の凹凸に沿うように、足裏の凹凸とアーチサポートの凹凸がぴったりフィットすれば心地いいことは想像に容易いと思います。

アーチサポートのインソールを初めて履く方は履き始めには違和感を覚えることもあるかもしれません。足が慣れてしまえば違和感はぬぐえます。

「心地よさ」ばっかりは体感していただかないことには、ピンとこないと思います。当店では既製インソールのご試着も行っておりますのでお気軽にお申し付けください^^岸本優でした。