足が小さい人の靴選び

皆さん、こんにちは。

一瞬強い雨が降った直後、急に晴れ間が出てきました京都です。そして、今は曇り空になっています。お天気が急変するのは大気の状態が不安定な証拠。午後からは気温も上がり、雨もやむようです。

昨日のブログでご紹介しましたYahoo!ネット募金、すでに2億円近い募金額となっていました!昨日はまだ1億円未満だったので驚きです。

当たり前ですが、募金は集めることが目的ではなく、いかに適正に被災地で使われるかに意義があります。この募金が滞りなく被災地への手助けとなることを願います。

 

今日お越しのお客様は足長が小さく、いつも子供用運動靴を履いてらっしゃるそうです。

市販の靴は一番小さくて22cmであることが多いようです。某百貨店のオンラインショップを見てみますと22cmの取扱数は「6,130足」、21.5cmになると4分の1以下の「1,291足」でした。ついでに21cmは「506足」です。数字だけを見ると、22cmと21.5cmの間には大きな壁がありますね。

ただ、足は立体です。21cmの足といっても色んな特徴の足があります。足長は小さくて幅が広くて甲が薄い足、足長は小さくて幅が狭くて甲は高い足などなど。

同じように22cmの靴と一概に言っても色んな特徴の靴があります。幅が広くて甲も広い靴、かかと周りが細い靴などなど。足長以外にも靴選びで必要な要素があります。平面として測った足長は靴選びのいち目安でしかありません。

実寸サイズ21cm未満で足幅が広めだったお客様、細めの木型でサイズ2(約22cm)のひも靴を履いていただきました。ぴったりとフィットした感覚に「今までにない履き心地です」。捨て寸は少し多め、その分靴ひもをしっかり結んでいただくようお願いしました。

知っているようで知らない靴選び。メーカー直営店やシューフィッターのいるお店で一度靴選びの疑問をお話ししてみてください。快適な靴選びの方法が見つかるかもしれません^^岸本優でした。

HANPTON \30240  サンダルの小さいサイズ、あります^^
HANPTON \30240  サンダルの小さいサイズ、あります^^