かかとが痛くなりにくい靴

皆さん、こんにちは。

良いお天気ですが風が強く、気候以上に肌寒く感じます京都です。

暖かくて過ごしやすいイメージの春ですが、冬の名残の冷たい空気もあってお天気が不安定になりやすい季節でもあります。突風に足元とられませんよう、ご注意くださいね。

さて、一昨日、昨日は臨時休業でご迷惑おかけいたしました!本日は通常通り営業しております。明日火曜日は定休日です。

 

先ほどお買い上げくださいましたリピーターのA様、「よその靴はかかとが痛くなるからフィンコンフォートしか履けない」と嬉しいことをおっしゃってくださいました。ありがとうございます^^

A様はかかとの骨が細く、なおかつ出っ張っているようで靴を履くとかかと後ろ側が痛くなるそうです。

フィンコンフォートの靴は足入れ口のかかと周りにクッションが入っています。締め付けすぎることなく、かかとと靴をフィットさせてくれます。靴によっては足入れ口を細く絞ることでよりホールドを増したデザインもあります。

「かかとに合わせて靴を履く」、「靴ひもやマジックテープをしっかり留める」こともかかと後ろ側を痛めないポイントです。左記のポイントをおさえて、足と靴を固定させます。靴と足が一緒に動けば靴擦れすることはありません。

「試着したときからなんの違和感もない」とおっしゃっていただけるのは、フィンコンフォートが履き心地・歩き心地のポイントをおさえた靴だからに他なりません。

皆さんにもぜひ一度フィンコンフォートの履き心地を体験していただきたいです!岸本優でした。

かかと周りの違い
かかと周りの違い