中敷をより効果的に使うために

皆さん、こんにちは。

今朝は随分と冷え込みました京都です。

今日は成人の日を前に全国で成人式が行われているようです。京都市は明日みやこめっせで成人式ですね。

成人なされた皆さん、おめでとうございます^^成人と呼ばれる二十歳は人生の区切りというわけではなく、連続した日々の1ページに過ぎません。これからご自身の思う成人にむけて日々邁進していただければと思います。

私が成人(大人)になったなぁと思ったときは甥っ子にお年玉をあげたとき、でしょうか(笑)

 

中敷それだけで歩くことはできません。靴というパートナーと一緒になってやっと歩くことができます。ですから、中敷を選ぶのと同じく靴選びや靴の履き方も大切なのです!

今すぐ実践できることはお手持ちの靴の履き方です。「スニーカーにアーチサポート中敷を入れて歩く」と仮定します。

  1. まず、スニーカーに取り外せる中敷が入っていたら抜いてください。中敷を重ねると分厚くなって足が入らないことがあるためです。
  2. アーチサポート中敷はかかと側に合わせます。つま先側には空間の余裕があってもいいですが、かかと側は中敷と靴が触れるよう合わせて下さい。
  3. スニーカーの靴ひもを緩めたら、かかと側に合わせて足入れします。かかとが靴とフィットしているのが理想です。
  4. 靴ひもを下から順に締めあげます。靴ひもを締めることで足と靴が固定されます。アーチサポート中敷も足と靴に一緒に固定され、安定感が生まれます。靴ひもは足元の安定感を生むために必要不可欠です。面倒くさがらずに締めて下さいね。

基本的な履き方は以上です。「靴の履き方」もぜひご参照ください。

正しく靴を履けばよりアーチサポート中敷の良さが分かっていただけると思いますし、靴自体の履き心地も良くなるはずです。

店頭でも実践しながら靴の履き方のアドバイスしています。お気軽にお声がけくださいませ^^岸本優でした。