寒い時にこそ履きたいブーツ!

皆さん、こんにちは。

お昼から日差しがでてきました京都です。

年末に冷えて、年始は暖かく、また少しずつ寒くなって平年通りの気温となっています。

私がよくブログで天候の話をするのは個人的な興味もありますし、天候と靴に関係があるからです!

暑くなりだすとサンダルを、寒くなりだすとブーツをよく手に取っていただけるようになります。当たり前な話かもしれませんが無意識のうちに身体が求めているようです。

薄味のお正月料理ばかりを食べていたらお好み焼きや焼きそばの濃いソース味が食べたくなるのと原理は一緒かもしれません(笑)年始にスーパーで焼きそば麺が売り切れていて、考えることは一緒だなぁと感心しました^^

 

寒くなると活躍するのがブーツです。足首部分を覆っていると地面からくるヒヤ~っとした冷気がシャットダウンされます。

ブーツで尚且つインナーがウール100%の素材だとより暖かさが増します。

フィンコンフォートのミドルブーツ「STERZING」が残り1足となりました!(ダークブラウン/ブラウンヌバック サイズ4=約23.3cm \50760)

丈はふくらはぎの真ん中あたりまで、インナーのウール100%はつま先までしっかり覆っています。中敷はフィンコンフォート特製のコルクインソールです。中が蒸れやすいブーツに考慮して、通気孔のあるタイプとなっています。

一見、編み上げのブーツに見えますが内側サイドにジッパーがありますのでご安心ください。

アッパーはヌバック革で柔らかく、靴底と接する部分だけにヌバック革より頑丈なスムース革を配することで靴の保持にも活かされています。

お買い上げのお客様は細身のパンツをブーツインされたり、ウールが暖かいのでタイツのまま履かれたりすることが多かったですね。寒い時期に重宝する1足です。

残り1サイズのみですので、我こそは!という方はお早めにお越しくださいませ。お買い得になるかもしれません…?^^岸本優でした。