まっすぐ前を見て歩こう!

皆さん、こんにちは。

今にも雨が降り出しそうな曇り空となっています京都です。

今晩から明日は雨となりそうです。太平洋側は一か月分の雨量が降るとの予報もあります。お住まいの方はご注意ください。

この雨で紅葉もおしまいでしょうか。冬本番が始まりますね。

年末年始休業 2015年12月29日(火)~2016年1月5日(火)

 

右足親指の爪が靴先に当たるようになりました。当たるたび、親指にズンと痛みが走ります。

原因は①爪が伸びている②厚手の靴下を履いているに加えて、③もともと靴の捨て寸が少ないためと思われます。普段はなにも当たらない靴なんですが、ここ数年で足長が3mmほど伸びました。曲がっていた指がまっすぐに伸びたためです。爪が伸びて、厚手の靴下を履くと途端に狭く感じるんですよね。捨て寸はやはり重要です!

帰ったら爪を切ろうと無理して歩いていましたら、自分の歩き方にふと違和感を覚えました。右足が内股になっているのです。靴先が正面を向いておらず、内側へ向いています。

歩くとき、本来靴先(つま先)は正面を向きます。細かく言うと、人差し指が中心になるように正面です。
歩くとき、本来靴先(つま先)は正面を向きます。細かく言うと、人差し指が中心になるように正面です。
内股歩き
内股歩き

歩行は「かかとで接地して、重心が前進して、つま先で蹴りだす」繰り返しです。靴先を正面に向けて蹴りだすと親指先に一番力がかかります。すると、今の私では爪が当たって痛いんですね。だから、痛くしないよう身体が無意識に内股歩きをしたんじゃないかと推測しました。内股歩きになると蹴りだす場所が変わり、痛みが少なかったです。

今朝は自分の身体を実験台にしながら出社しました(笑)

痛くないからと内股歩きを推奨しているわけではありません。内股歩きは親指側面に胼胝ができたり、膝のトラブルも起こりやすい歩き方です。つま先は正面に向けて!

そして、爪も深爪しすぎず、伸ばしすぎず、程よい長さを保ってくださいね。岸本優でした。