中敷を靴に入れるときに注意するポイント

皆さん、こんにちは。

曇り空の静かな日曜日となっています京都です。

相変わらず観光客の方は多いのですが、寒さのせいで皆さん足早です。

2軒東隣の漆喰壁のショールームさんが明日オープンされます^^当店の帰りにでも覗かれてみてはいかがでしょう。

年末年始休業 2015年12月29日(火)~2016年1月5日(火)

 

中敷を靴に入れるとき、見落としがちなのが靴の内寸と中敷の厚みの関係です。

靴の内寸が薄いと厚みのある中敷が入らない場合があります。かろうじて中敷が入ったとしても今度は足が入らないことも…。サイズは気にされる方が多いのですが中敷の厚みはうっかりしやすいポイントなのでご注意くださいね。

では、中敷が入るように靴をサイズアップをすればいいのでしょうか?いいえ、サイズアップは好ましくありません。

サイズアップではなく、既存の中敷が取り外せる靴だと他の中敷も入りやすくなります。例えば、スニーカー類はおおよそ中敷の取り外しができます。

もしくは、薄型の中敷にしてしまうかです。それでも中敷が取り外せないジャストサイズの靴だと窮屈に感じるかもしれません。

「どの靴にでもピッタリ入る中敷」は「どのシーンにでも合う靴」がないように難しい問題です^^;

中敷を購入したい場合は入れたい靴を持っていくのがベストです。中敷を持っていて靴を購入したい場合は中敷を持参して靴屋さんに出向いてください。

中敷と靴のフィッティングに迷われたら、ぜひ当店にお越しださいませ。岸本優でした。

厚みのある中敷が入ることで靴の中は当然狭くなります
厚みのある中敷が入ることで靴の中は当然狭くなります