靴底の減り方について

皆さん、こんにちは。

お天気が良く、冷え込んでいます京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

昨日からエアコンの暖房ではなくストーブをつけています。エアコンは冷えのぼせしやすくて苦手なんですよね;

灯油のつんとした匂いが冬っぽいです。

年末年始休業 2015年12月29日(火)~2016年1月5日(火)


靴底の減り方を気にされるお客様は多くおられます。

靴底は最初に「かかと外側」が減ってきます。歩行時、まず接地するのがかかとのためです。それもかかとの中心より少し外側に接地します。

よくお客様が「かかとの外側ばかり減る」と心配そうにおっしゃいますが異常ではありません。安心してくださいね^^

ただ、片足だけ極端に外側が減っていると何らかのクセがあるのかもしれません。

かかとの次に減りやすいのが「足先の中心」と「靴先」です。

足先の中心とはつま先立ちしたときに接地している箇所です。歩行時かかとが地面から離れると一瞬だけつま先立ちのような恰好になります。この時に体重がかかり、靴底が摩耗しやすくなります。

歩行時の蹴りだしで減りやすい箇所が靴先です。かかとほど靴底も厚くはないため、薄くなると雨が染み込む場合があります。

また、靴底は減るようにできています。靴底の大きな役割である衝撃吸収性はある程度の柔軟性が素材に必要です。柔軟性があるゆえに摩耗しやすくなっています。もし、極端に靴底が減りやすい場合は靴底の素材と使用頻度がマッチングしていないのか、体重増加、加水分解(水分により靴底が分解する現象)の可能性もあるので注意してください!

そして、靴底が減ったら修理をして快適に歩きましょう。今週末も皆さんのお越しをお待ちしています。岸本優でした。