歩き方の「ワンポイントアドバイス」

皆さん、こんにちは。

本日も気持ちのいいお天気となっております京都です。

昨日のブログでお話ししましたカーテン明け起床法を今朝試してみました。結果は、あまり変わりませんでした!(笑)

確かに日差しが注ぎ明るいことでパッと目が開くのは感じました。が、寒いからとかまだ時間に余裕があるからとか、うだうだしてしまうのは変わらず。

…そもそもスッキリ起きようとしていることが間違いなのかも?寝坊による遅刻はしてませんし、実害はありません。今の起き方が実は私には合っているのかもしれません。


良かれと思った思い込みで、不自由になってがんじがらめになることありますよね。

お客様でも「こう歩かなければならない」と意識的に無理して歩いて逆に疲れてしまった、という話を聞いたことがあります。体重移動を意識したり、膝の向きを意識したりして日々歩くのは大変です。

あえて歩き方にワンポイントアドバイスするとしたら、スタッフがよく言っている言葉があります。

「足の人差し指を前に向けて歩く」

これぐらいなら出来そうに感じませんか?

つま先が外を向いている方は少し内寄りに、つま先が内を向いている方は少し外寄りに。つねに人差し指の先が正面を向くように歩いてみましょう。

歩くことが多い行楽シーズン、「足の人差し指を前に向けて歩く」を頭の片隅にでも置いておいてくださいね^^岸本優でした。