車内で見かけたパンプスの女性が…

皆さん、こんにちは。

暑いほどの快晴となっております京都です。風はさわやかでも日差しが強く、久しぶりに冷房をかけています。

さて、明日火曜日は定休日です。そして以前から告知していました通り、明後日30日は展示会参加のためにお休みとさせていただきます。

お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。


今朝、地下鉄の車内でスーツ姿の女性がおもむろにプレーンパンプスを脱いで部分インソールを取り出されました。形状からしてMP(指の付け根)関節の下に置くクッション性の高いインソールでした。高いヒールや留め具のない靴などはMP関節の足裏部分に負荷がかかって痛むことがあります。常習化すると胼胝になりやすい部位です。

履き心地が悪かったのか、インソールを入れたことでパンプスのスロート(前ぐり)が足に食い込んで痛かったのか。足自体の変形は顕著じゃないからせめてベルト付きのパンプスだったら、とか降りるまで勝手にあれやこれや考えていました(笑)

先日もリクルートスーツの女性が友達の肩に手を置いて足を引きずるように歩いていました。黒のプレーンパンプスです。

…なんだかなぁと思います。慣例だからという理由で履きづらい靴を履くのは実に非合理的だなぁと思います。靴に規定がある会社も同じです。

私は仕事でパンプスを履きませんし、私生活でも1年のうち2日履くか履かないかぐらい。だからこそ言える甘ちゃん発言なのかもしれません。ただ、社会人女性のパンプスだけに限らず、非合理的なことは冠婚葬祭の場面でも思うことです。

今は慣例や因習が変わっていく時代ですし、靴の見識が深まれば非合理的な考えも変わっていきます。率先して女性社員の履きやすさを重視した規定の会社は先見の目がありますし、成長する会社だと思いますよ!会社経営の皆さま、どうぞよろしくお願いします^^岸本優でした。

パンプスに入る薄型インソール(7500+税)もご用意しております
パンプスに入る薄型インソール(7500+税)もご用意しております