歩き心地と中敷の関係

皆さん、こんにちは。

雨は降っていませんが終日曇り空の京都です。今週末いかがお過ごしでしょうか。

シルバーウィーク明けてすぐの週末に身体の調子が戻らない方も多いのでは。今週末ぐらいはお家でゆっくりもいいかもしれませんね。

今日はアメリカに住んでいる友達が帰国しており、お店に遊びに来てくれました^^

大学を卒業してからばらばらになってしまった友達が多く、こうやって会いに来てくれると嬉しいです~。


靴の歩き心地にとって大切な役割を担っているのは中敷です。

履き心地は靴の影響が多々ありますが、動作を伴う歩き心地は身体を支えている中敷が一番影響します。

もし、中敷をサイズ調整だけにあるものと思われていたら、それはもったいない勘違いです!

中敷と一言にいっても用途によって様々あります。実際にサイズ調整に使われるフラットで薄い中敷もありますし、トレッキングシューズに多用される衝撃吸収に特化した厚みのある中敷もあります。

歩き心地を考えられた中敷は土ふまずなどのアーチ部分が盛り上がった(アーチサポート)中敷です。

歩くとき、人はアーチの作用を使って無意識に歩いています。アーチがうまく作用しないと痛みがあったり疲れやすくなるため、アーチを補助するアーチサポートの中敷が有効なのです^^

当店では既製品でもクオリティの高い中敷をご用意しています。もしお手持ちの靴に装着されたい場合は靴も一緒にお持ちくださいね。岸本優でした。