靴を靴棚にしまう、その前に!

皆さん、こんにちは。

連日気持ちのいい陽気となっております京都です。

シルバーウィーク中日ということで「京都駅は人!人!人!」だとお客様が教えてくださいました!

気候としてはゴールデンウィークより秋の今のほうが過ごしやすいと思います。京都観光、楽しんでくださいね~。

メディゲイト京都店は明日火曜日は定休日です。また、来週の30日水曜日は展示会参加のため、お休みとさせていただきます。ご了承ください。


季節の変わり目になるとシューケアグッズをよくお求めいただきます。ありがとうございます^^春夏と履いてきた靴をしまうまえにお手入れをする方が多いのかもしれません。

当店で扱っています靴はほぼすべて本革です。靴の中側も本革ですので汗もよく吸ってくれます。

革はもともと動物の皮膚。人間の皮膚と同じように、革にもお手入れには油分・水分・栄養分が必要となります。

例えば、長く使っている革製品は擦れたように革の色が薄くなりますよね。ちょうどこんな風に。

マジックテープの取っ手部分、色が薄くなっています
マジックテープの取っ手部分、色が薄くなっています

よく触る箇所なので革の表皮が剥がれるとともに、油分などが足りないため乾燥した状態になっています。

無色の保革クリームを塗布してみましょう。色付きではありません。

少し色が濃くなりました!
少し色が濃くなりました!

油分が加わったことにより、色が濃くなりました。…写真だと光の加減で分かりにくい!(笑)実際に1トーンほど色目が濃くなっています。

汚れてくたびれたまま靴棚にしまうより、綺麗さっぱりしてからしまう方がやはり靴の持ちも違います。

春夏の靴やサンダルをしまう前に靴のお手入れ、トライしてみてください。岸本優でした。